スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ

I様邸は、アトリエKさんのお施主様で、お手伝いをしました。

図面の直し、外観パースを作成、内装は、建具、フロアー、水廻り、収納家具の選択、壁紙、照明配線など。

このようなカラーボードを作って、一目で雰囲気が分かるようにしています。

 

吹き抜けに採光窓があります。こちらは、1階のUTに繋がっています。社長の設計さすがです!

 

採光が入るユーティリティと、壁一面大きな玄関収納。

 

寝室に収納棚とディスクカウンター。TVボードや、リビング収納もご提案しました。

 

2階トイレと洗面台の廻りには、子世帯が利用されるかもということで、ヘリンボーン柄のクロスを取り入れました。

 

外観パースとほぼ同じような形に仕上がりました。広いお庭が羨ましい。

 

 

食卓には、トーヨーキッチンさんのペンダントライトが選ばれていました。
カンディハウスさんのテーブルとセットされるようです。

2019年11月、中学生の職業体験の受け入れがあり担当しました。

早く結婚していれば、自分の子供のような年齢のお子さん。

FBでは、恒例になってきています職業体験、高校生も合わせると、今回4回目?でしょうか?

段々、過去のことが忘れていきますが…3年目の今年は高校生をお相手しなかったので、4回目になると思います。

いつも、自分が得意としている戸建の住宅のプランをコーディネートするよう進めていました。

今回は、住みたい町並み、マンション設定で進めたので、私も少し想像しながら楽しみました。(朝から半日のワークです)


同じように説明しても、反応の異なる生徒さん。興味があるのか?ないのか?

緊張しているのか?していないのか?体調が悪いのか?

一通り作業の説明をしても、質問があまりないので、分かっているのか?分からないのか?

学校の先生は、大変だなと感じます。

私自身も、中学生の頃は反抗期の真っただ中、質問もきっと一切しなかっただろうと懐かしく感じました。


学生たちが、この職業体験を通して学んだことを発表する場がありました。

 

あと、何年か後に私も中学生の保護者になる、それを早めに体験しようという思いもあり、参加しました。

発表は、中学校体育館で何か所かに分かれて、5分程度の「よーいスタート!」で同時にマイクなしの早口で喋る為、
残念ながら、雑音に紛れて話が聞き取れず!(これは、改善すべき!)
椅子はありましたが、在校生は立ち見もあり落ち着かない様子。

只、きっと一生懸命に纏めてくれたのだと感じました。

まだ、小さな子供でも大人でもない未完成な彼らが、どんな大人になっていくのか。

私たち、大人に出来ることは全力で伝えていきたい。そして見守りたい。それも一つの目標です。

ブログをずっとお休みしていました。今日は、2020年3月ですが、2019年2月に完成した物件を10月のブログとしてアップします!

日付を見てビックリ、一年経っていました。折角、携わったお仕事なので、ご紹介します。

 

 

小規模保育園の改装です。
こちらのプランボードは最初のご提案で、色のはっきりした原色に近い元気な色を選んでいました(写真:左)。
オーナー様から、もう少し淡い色でとの希望をお聞きし、訂正しました(写真:右)。

このように、元はシャッターのあった場所など、取れない梁がありました。それを逆にアクセントとして色を付けました。

幼児トイレは、可愛らしい動物柄のクロスに、水はね防止のメラミン板をパープル色で合わせました。
便器が設置される前と、後の写真も載せました。

階段と、2階は、芝生と道をイメージした床材の貼り分けです。
最初の素材から変わりましたが、元の事務所からは優しい広間に変わりました。

仕上げは、カーテンのご提案。青空をイメージして、全体的に淡いブルー色としました。

入り口の引き戸です。工事中と、完成後をお楽しみください。

階段の上がる手前には、幼児には通れないガードの引き戸も付いています。

  
ピンクのお部屋は、0~1歳児のお部屋で、こちらにも、引き戸で仕切りがあります。

 
2歳児~のカーテンは、このクマのイラストが入った生地と、水色の無地と組み合わせました。
隣のカーテンと、アクセントのラインが揃うように縫製したのがポイントです。

幼児トイレの前には、幼児手洗いがあります。こちらのロールスクリーンを開けると、給食室が見えます。
工事前と、工事後を載せました。

こちらに、看板サインが入り、完成となりました。
外観は、パースを描くお手伝いをしました。

K様邸は、家を建てられて5、6年目になります。

写真のようにロールスクリーンのみのお部屋があり、レースがありませんでした。
それ程大きい窓ではないので、レースがなくても大丈夫のように感じますが、レースがないとやはり人目が気になって落ち着かないということで、相談を受けました。

↓子供室
before

afterafter

ロールスクリーンのレースはあるのか?シングルをレース付のダブルタイプに変えられるか?など質問がありました。
よく、聞くと「きっとレースはしたままになる」ということとロールスクリーンの取付場所が窓枠の上(正面付)でしたので、『レース&レール』を窓枠の内側に納める方法でお勧めました。

縫製も、素朴なお部屋の雰囲気に合うシンプル縫製(1つ山摘み)で価格も通常のオーダーより抑えられています。

サンプル帳から、割とパッと生地を決められ、打ち合わせから2週間後には取付が完了しました。

↓主寝室 シルバーのストライプがさり気ないアクセントに!
beforeafter

beforeafter

↓客室(祖父母室) 外から見え辛いミラーで反射しながらも、室内には光を拡散してくれる機能付きレース!

明るく感じると、とても喜んで頂きました。
住んでみて、見直して、住みやすい形にされたK様。ベストな方法でアドバイス出来たと思います。
K様ありがとうございました。