スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > インテリア情報

つづきは、キッチンスペースと、その隣のリビング小窓の追加工事です。

小窓の横は、ゴールドのカーテンですが、こちらの小窓問題点が一つ、内開きな上に、取り付けるスペースが高さ7㎝弱しかありませんでした。

リビングと同じカーテンとするか、何か他のモノと検討しました。

コンパクトサイズの調光ロールスクリーンがありましたのでご提案。床材と家具に合わせて色を選びました。

DSC_1303DSC_1300DSC_1304DSC_1305DSC_1301

こちらのロールスクリーンは、前後の重なりでブラインドのようにもなり、全面を閉じることも出来るという両方の良い部分が一つになったモノです。

問題だった内開きの窓も、ギリギリ開くことが出来ました。

 

DSC_1306 DSC_1307

すぐ隣のキッチンスペースにも、同じ調光ロールスクリーンを取り付けることとしました。

今までの打ち合わせの中では、木製ブラインドが候補に上がっていましたが、全てを開けたい時には、上部に溜りが出来る為、圧迫感を感じてしまいます。

こちらのタイプにしたことで、軽い印象になり、お揃いの窓が続いて素敵な仕上がりとなりました。

 

DSC_1308 DSC_1311DSC_1319DSC_1322

主寝室は、遮光生地を裏地にプラスされました。タッセルには、和をイメージした木のアクセサリーが付いたモノを選びました。

 

DSC_1315 DSC_1316 DSC_1317 DSC_1318

お施主様のことを思い、一つ一つの窓に使い勝手を考えコーディネート。

お手伝いしたのは、ほんの少しですが、気に入って頂けると嬉しいです。アトリエKさん楽しいお仕事ありがとうございました。

布クロスを使う、クローゼットの作り方、和室の造りこみ、造作家具、どれも勉強になりました。

春先から、お手伝いでお邪魔していましたアトリエKさんのマンション内装工事の様子です。

新築で建ったばかりのマンションを改装されるとのこと。

3LDK⇒2LDK。お部屋の間仕切りを壊し、新たに2部屋とされました。

玄関先は、ダイナワンのゴールドタイル。造作建具は、全てカンディハウスさんへオーダーです。

DSC_1111 DSC_1112 DSC_1113 DSC_1114 DSC_1115

私は、和室や洋室のクロス、カーテン選びをお手伝いしました。主寝室は、落ち着いたカラーで最初ご提案しましたが、明るくしたいとのご要望により白っぽい生地で選び直しました。

 

DSC_1118DSC_1130 DSC_1120 DSC_1123

カーテンは、フジエテキスタイルさんの生地です。主寝室のドレープは、丈を揃えて両開きとし、レースはシェードとしました。

 

DSC_1125 DSC_1126 DSC_1127  DSC_1133 DSC_1134

リビングは、眺望の良さを遮らないよう、薄手のシアー、ストライプ柄をフロントレースとして、ゴールドのドレープと組み合わせました。間には、間接照明も入り夜の光も楽しめそうです。

 

DSC_1188 DSC_1189 DSC_1191 DSC_1195 DSC_1196

こちらは、キッチンスペースの窓ですが、取付る予定がありませんでした。ですが、やはり追加をしたいとのお話により、採寸に再び伺った時の写真です。

DSC_1197 DSC_1199

つづく…。

インテリアアドバイスをさせて頂きました。

ご自身でもマヤ暦のアドバイスをされています赤石弘美さま宅。

骨格分析&パーソナルカラー診断をされている山本よしみさんからのご紹介でした。

ご自宅の一室をサロンとして使われています。今後レンタルルームとしても活用していきたいお話しを伺いましたのが5月末。

DSC_0564DSC_0563 DSC_0565

こちらが、その時のお部屋です。壁紙と、カーテンがお揃いのグリーンに鳥が描かれていて、爽やかなイメージでした。

ですが、床のフロアーがナチュラル色であり、建具がダーク色、家具には、白い光沢があるチェスト、センターに置かれたオーク系ナチュラル色のテーブルが何となく違和感を感じました。

このテーブルにクロスを掛けるか、ホワイトのテーブルに変えると纏まりが良くなると思い伝えると、実は2階に白いテーブルがあるとのこと!

DSC_0567 DSC_0570

それなら、交換しましょう!と女性3人で大移動!テーブルの脚を外し、廻り階段を通り、組み立て。軽く汗をかく作業でした。白いテーブルに変わったお部屋いかがでしょう?

光沢のあるテーブルはチェストとも合い、ダーク色の木目の椅子にもピッタリ合うものでした。2階のテーブルの使い勝手からも以前から交換したかった思いもあったとのこと。

ご相談を受けたその場で、お部屋をチェンジ出来たことは喜びの一つでした。

DSC_0977 DSC_0978

そして、打ち合わせを重ね決めたのがこちらの照明です。以前は、円盤の蛍光管で、プラスチックのカバーがされているよく見るシーリングライトでした。

こちらを変えれば雰囲気が変わるのでは?とお話しを頂き、選んでご提案したのがこちらの緑を感じる照明です。

照明の光でグリーンの隙間から木漏れ日のように映りこむ影が、とても素敵でした。

DSC_0984DSC_0980DSC_0982

同時に、お庭のプランニングもしています。手作り感のある温かい雰囲気になる予定です。

今後サロンに訪れる方々が、素敵な縁で繋がっていきますように。

赤石弘美さま、ありがとうございました。引き続き、宜しくお願いいたします。

5月26日、藤城建設さんの「雪だるまの家」モデルハウスをコーディネートセッティングしてきました。

5月27日(土)、28日(日)プレオープン。6月3日(土)、4日(日)オープンと2週続いたようです。

場所は、江別市中央町20-2、駐車場やお庭も広くとられていて、子育て世代には嬉しい物件になりそうです。

何といってもローコスト住宅!びっくりな価格で、冬はとっても温かいそうです!現在は、モデルハウスとしていますが、買い手が決まりましたら売りに出されるそうなので、気になる方はチェックしてみてください。

DSC_0644 DSC_0630 DSC_0631 DSC_0632 DSC_0633

私が、手掛けたのはカーテン類、家具、小物類です。特にテイストが決められていませんでしたので、フロアや建具の雰囲気から、『カリフォルニアテイスト』にしてみませんか?とご提案しました。

「白・茶色・青」が色のベースカラーとなります。予算が限られていましたので、子供部屋を飾れないなど妥協点もありますが、出来るだけ形になるようにと探し回りました。

サーフボードは、藤城建設さんの社員の方の持ち物で、撮影用に貸して頂きました。ありがとうございます。

 

DSC_0634 DSC_0636 DSC_0638 DSC_0639 DSC_0635

リビングのタテ型ブラインドは、掃き出し窓の部分にだけ、2色のブラウンを組み合わせたストライプ柄にしています。よく見ると気づく!というさり気ない演出がポイントです。

これは、外観や、2階の物干しスペースにある格子に合わせて、選びました。キッチンのロールスクリーンも、ダイニングと同じ生地で作りました。

ダイニングテーブルは、無垢材の天板と、ブルーのスチールという海を感じるようなデザインのものを選びました。ベンチには、お子様が3人だった場合、ぎりぎり座れるでしょか?

DSC_0640 DSC_0642 DSC_0643  00100001DSC_0641

ソファーは、キャメル色の合皮ですが味があります。色柄が異なるクッションもバランスよく落ち着いたのではないかと思います。

キッチン背面の食器棚も、住まわれる方に選んで貰いたい為と付いていませんでした。点々と見えるのは、アメリカンのデザイン壁用のシールです。

テレビボードをセットした場所は、アクセントに白いタイルが貼られていました。こちらは、グリーンの小物でコーディネート。

 

DSC_0645 DSC_0646 DSC_0647 DSC_0648 DSC_0649

2階は、とっても渇きが良さそうな物干しスペースがあります。子供部屋は、2部屋ありまして、レールとレースを設置してきました。厚地のカーテンは、お客様に選んで頂きたいという思いからレースまでのご提案です。

主寝室は、ダークなアクセント壁一面があります。こちらには、写真ではありませんが、ざっくりした目の粗いレースを取付しました。ブラックのレールがベッドヘッドを引き立ててくれています。

 

DSC_0651 DSC_0653 DSC_0654 DSC_0656

このセッティングは、藤城建設さんの社員Oさんと意見を交わしながら行いました。そして、一緒にカメラ撮影を行っている泉亜希さんの様子を隠し撮り!彼女の写真も楽しみです。

来場者の方々の生の声が聞けないのが残念ですが、社員さん方からは「頼んで良かった」のお言葉を頂けたので嬉しい限りです。

住まわれる方が、心地よく、楽しく暮らせますように。

DSC_0657 DSC_0658 DSC_0659

見に行かれた方!是非、ご感想をお聞かせください(^_^)/